九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

世界の子どもの歯科事情

世界の子どもの歯科事情
監修川口陽子
著者川口陽子
出版社東京臨床出版
出版日2018年サイズ210×210mm
定価¥2,300-ページ数160 フルカラー
小児歯科
 歯科疾患の原因はどの国も基本的に同じであり、予防や治療を行う際の原則は歯科領域においても世界共通です。他の国の小児歯科事情を知ることは、わが国の歯科医師、特に小児歯科医にとって大変興味深く、また、臨床や研究を行う上で、患者にとっても参考になると思います。
 本書には、日本を含め世界18か国の歯科情報が記載されています。いずれも、日本の歯科医師が各国の歯科関係者に取材したり、現地調査を行って得た情報をもとに書かれたものです。また、海外で歯科医師免許を取得し、学位取得を目指して日本の大学で学んでいる留学生にも協力をお願いし、各国の歯科医療制度の特徴、また、その長所や問題点などについて詳しく解説してもらいました。
 多くの人々んい、本書が活用されることを期待しています。
              ―「はじめに」より抜粋・要約―
[本書で取り上げた18か国/掲載順]
韓国/中国/台湾/モンゴル/ベトナム/タイ/マレーシア/ミャンマー/ネパール/インドネシア/
シンガポール/オーストラリア/ベラルーシ/デンマーク/ドイツ/イギリス/アメリカ/日本
PDFを表示

歯科衛生士のための食べるを守るシームレスケア

急性期・回復期・施設・在宅における口腔健康管理
歯科衛生士のための食べるを守るシームレスケア
監修公益社団法人日本歯科衛生士会
著者武井典子・久保山裕子・山口朱見・大渡凡人
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判
定価¥3,200-ページ数112 カラー
歯科衛生士
歯科医療は「歯科医院完結型」から「地域完結型」へと大きく変化しています。歯科診療所に通院されていた患者さんが、全身疾患により治療や入院、介護等が必要となり、通院できなくなっても、歯科衛生士が病院、施設、在宅に訪問して、患者さんに寄り添ったシームレスな口腔健康管理を行うことが求められています。
本書では、急性期から回復期、維持期、終末期に至るまで対応できる口腔健康管理の知識・技量と心構えなど症例を交えてわかりやすく実践的に解説しています。
専門職として口腔健康管理計画をスムーズに立てる臨床実践力を高められるよう、本書の症例を通じて演習が行えるよう詳細にまとめた歯科衛生士必携の一冊です!

【CONTENTS】
Chapter1 患者さんが居るステージの特徴を知ろう
Chapter2 症例と演習
Appendix 資料編
PDFを表示

天然歯の形態学1

天然歯の形態学1
著者脇田太裕
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判
定価¥20,000-ページ数336 カラー
歯科臨床一般
歯の形態の見方や捉え方を学ぶためのガイドブック!
上下顎中切歯~第二大臼歯のすべての部位を写真でまとめた珠玉の一冊!!
天然歯形態を“より理解するツール”として活用できます。
PDFを表示

おひとりさま専門的口腔ケア

歯科衛生士による在宅単独訪問の実際
おひとりさま専門的口腔ケア
著者平松満紀美
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2018年サイズB5判-変形
定価¥3,600-ページ数144 オールカラー
訪問・介護
訪問現場待望! “訪問”歯科衛生士の“イロハ”がわかる本!
世界に類を見ない超高齢社会を迎え、「在宅医療・在宅介護」の時代に突入した日本。同時に、訪問歯科診療が求められ、続いて歯科衛生士による単独訪問が認められました。訪問先は、多職種との情報共有と連携のもと、全身疾患を理解し、病態を把握して診療にあたる場であり、また、患者さんを看取る場でもあります。いま、そのような現場では、訪問診療に関する知識と技術を身につけた歯科衛生士が行う専門的口腔ケアが必要とされています。本書は訪問歯科衛生士が備えたいあらゆる情報を網羅した、訪問現場待望の一冊です。

【Contents】
1章 訪問口腔ケアの前準備
2章 訪問口腔ケアの実際
3章 食支援
4章 多職種連携
5章 終末期の訪問口腔ケアと歯科衛生士の役割
PDFを表示

マストオブ・リトリートメント

歯内療法の再治療を成功させる テクニック&エビデンス集
マストオブ・リトリートメント
著者北村和夫
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2018年サイズA4判
定価¥7,000-ページ数128 オールカラー
歯科臨床一般
歯内療法の再治療を成功させる、テクニック&エビデンス集。
予後が悪いと抜歯が選択されがちであった歯内療法の再治療は、近年では保存可能で良好に経過しているケースも多く報告されています。再治療の成功に欠かせないテクニックやエビデンスを、歯内療法学をリードする執筆陣が解説! 待望のシリーズ第二弾!

【Contents】
第1章 診断と意思決定
 ■01画像診断
 ■02リトリートメントの意思決定

第2章 クラウンと築造の除去
 ■01クラウン除去
 ■02メタルポスト除去
 ■03ファイバーポストレジンコア除去

第3章 根管形成
 ■01隔壁形成
 ■02ガッタパーチャの除去
 ■03器械を併用した根管洗浄
 ■03手用ファイルを用いた根管形成の理論と実践

第4章 偶発症への対応
 ■01見落とされた根管の探索
 ■02破折ファイル除去
 ■03レッジへの対応
 ■03パーフォレーション (穿孔)

第5章 根管充塡と築造
 ■01CWCT(垂直加圧根管充塡法)
 ■02コアキャリア法
 ■03MTAの開発理念
 ■02結合性シーラー
 ■03支台築造の選択基準
PDFを表示
ページトップ