九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

This is Suction Denture!

吸着至極のPicture Book
This is Suction Denture!
著者佐藤勝史
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2017年サイズAB判
定価¥9,000-ページ数112 オールカラー
歯科補綴
本書は『What is Suction Denture ?』に続く、“吸着”下顎総義歯マニュアルの第二弾。
より義歯の安定度が増し、より吸着度が増すためのアドバイス編。
内容がより読者に伝わるよう更なるビジュアル化に努めた。
上顎総義歯同様に、下顎総義歯でも8割程度の吸着は当たり前となる世界を実感していただきたい。
すべては、困っている無歯顎患者さんの笑顔のために。

【Contents】
1.80%を完全吸着させよう!
2.舌下ヒダ部からの漏洩の原因と対策
3.吸着下顎総義歯製作の流れ
4.概形印象
5.舌の後退位を考慮した精密印象法
6.アドバンス印象法
7.吸着下顎総義歯床形態の特徴
8.吸着下顎総義歯の浮き上がりの原因
PDFを表示
高齢者の歯科診療はじめの一歩

介護・介助の基本スキル

介護・介助の基本スキル
著者内藤徹・秋竹純・牧野路子・水谷慎介
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズB5判
定価¥3,000-ページ数94 2色
訪問・介護
要介護高齢者が安心・安全な歯科診療をうけるための姿勢や動作(診療用チェアへの移乗、誤嚥を起こさない適切な姿勢)の考え方と、そのための介助法の基本的な技術を紹介した一冊。
日常の診療にすぐ取り入れることができるよう、介助の基本的な手順は実例に則した写真などで詳細に図解。患者・医療者の双方に優しい診療のために知っておきたい介助法をまとめました。
また、高齢者診療で知っておきたい緊急時の対応、認知症の知識などの解説もあり、超高齢社会に対応するための「はじめの一歩」が踏み出せます。

【目次】
1章 なぜ介護・介助スキルが必要か
2章 高齢者歯科診療のためのコミュニケーションのポイント
3章 歯科診療所・施設での要介護高齢者への対応
4章 寝たきり高齢者への対応
5章 要介護高齢者への対応を充実させるための必要な技術
PDFを表示
歯科衛生士のための

地域ケア会議必携マニュアル

地域ケア会議必携マニュアル
監修公益社団法人日本歯科衛生士会
著者秋野憲一
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズA4判
定価¥2,000-ページ数72 2色
歯科衛生士
「地域包括ケアシステム」や「地域ケア会議」の目的とその効果について知ることができます。
地域ケア会議に出席する際の心構えと資料の読み解き方、会議での助言内容などのスキルアップをはかるために使用できます。
地域ケア会議に求められる歯科衛生士を育成する研修テキストとして使用できます。
地域ケア会議の研修会を企画する際の手引き書として使用できます。

【目次】
第1章 地域ケア会議の背景と目的
第2章 地域ケア会議における効果的な助言
第3章 地域ケア会議の事例と助言内容
第4章 地域ケア会議研修プログラム
PDFを表示
月刊「デンタルハイジーン」別冊

プロケアの本

プロケアの本
著者新田浩・茂木美保・小林宏明
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズAB判
定価¥3,300-ページ数128 カラー
歯科衛生士
患者さん個々のキーリスクに合わせた適切なプロケアを行うために!
プロケアの知識・技術の向上に役立つビジュアルな実践書!!
プロケアは歯面清掃だけでなく、フッ化物応用やセルフケア指導、食事指導、口腔機能へのアプローチなど多岐にわたり、予防・メインテナンスに欠かせません。
本書ではプラークをターゲットとしたケアの手順や器材の選び方をはじめ、齲蝕・歯周病の予防を目的としたプロケ アの方法、さらには小児や高齢者、インプラント患者、矯正治療患者といったケースに合わせたケアの工夫やリスクの見方などを、豊富な写真とともにわかりやすく解説。
【CONTENTS】
Chapter 1 なぜ,プロケアが必要なのか?
Chapter 2 一人ひとりに合わせたプロケアのために
Chapter 3 プラークをターゲットとしたプロケア
Chapter 4 目的をもったプロケア
Chapter 5 症例に合わせたプロケア
PDFを表示

オーラルフレイル Q&A

口からはじまる健康寿命
オーラルフレイル Q&A
著者平野浩彦・飯島勝矢・渡邊裕
出版社医学情報社
出版日2017年サイズA4判
定価¥3,000-ページ数42 カラー
訪問・介護
「オーラルフレイル」の概念構築の中心となった飯島勝矢先生(8020推進財団理事)にも執筆参加いただき、充実した内容になりました。
「オーラルフレイル」は、超高齢社会における必須の知識です。
フレイル(虚弱)を招く要因を理解し、サルコペニアから、要介護にならない方法を、患者さん・家族とともに考えるのに大変参考になる本です。

【目次】
プロローグ オーラルフレイルってなんだろう?
● Q&A
父が食事中によくむせるようになって、心配です
高齢の母が、やわらかいものばかり食べていて、心配です
食べこぼしが増えて、恥ずかしいです
会話中に、聞き返されることが増えました
母が、お口のかわきとニオイを気にしています
自分の歯が半分しか残っていないのですが、ずっと健康でいられますか?
噛む力の弱い人は、早くオーラルフレイルになりやすいのですか?
外出好きだった父が、高齢になってからは家にこもりがちになってしまいました
オーラルフレイルと認知症は関係ありますか?
お口の“自然な衰え”とオーラルフレイルは、どう違うのですか
オーラルフレイルを早く見つける方法はありますか?

● NOTE
年をとるとむせやすくなるのは、なぜ?
食形態や調理法に変化をつけてみよう
何でも食べられる高齢者の特徴
舌の機能を取り戻そう
唾液の減少は、オーラルフレイルのはじまり
自分の歯が残っている人、残っていない人で健康状態はどう違う?
発達期から意識したい、オーラルフレイル対策
社会とのつながりをなくさないために
オーラルフレイルと認知症との関係
自然な衰え(老化)とオーラルフレイルの違い
オーラルフレイルに対する歯科での取り組み

● 巻末付録
食べトレ体操
PDFを表示
ページトップ