九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

患者さんが通いたくなる歯科医院づくりのためのヒント集

患者さんが通いたくなる歯科医院づくりのためのヒント集
著者安川裕美・押田良機
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA5判
定価¥2,800-ページ数104 カラー
歯科医院経営
さまざまな角度で見ているからこそのバラエティ豊かなヒント集!
今日から悩みも解決、目からウロコの実践書!!
社会心理学を基礎に日本の歯科医院でのコンサルテーションを行っている歯科衛生士と、日米の歯科事情に精通したアメリカの歯科大学教授によるコラボレーション。

【CONTENTS】
01 ヒトの欲求
02 患者満足度
03 患者満足とは
04 患者不満足の深層
05 歯科への不安・恐怖
06 歯科医院が嫌われる原因
07 口コミの怖さ
08 良い評判を得る8つの話し方
09 開かれた歯科医院
10 やっぱり第一印象は大事
11 地域に根付いた歯科医院
12 予約制と予約再確認
13 朝のミーティング
14 受付の重要性
15 個人情報保護
16 スリッパに履き替えない歯科医院
17 パーソナルスペースに入るためのライセンス
18 定期来院をつくる患者教育
19 心の美学
20 物の美学
21 痛みの本質
22 痛みの表現法「顔法」
23 自分でもできる歯痛の応急手当て法
24 脚と足,手指のトリートメント等の付加的サービス
25 むし歯のない良い子のクラブ
26 ホワイトニングと身だしなみ
27 ブライダル・ホールとの提携
28 歯科医院で取り組む販売戦略
29 クレーマーの特徴
30 クレーマーに対する上手な応対法
31 患者さんを「叱る」?
32 優秀な歯科衛生士との強い絆
33 日米間での患者対応の違い
34 有病歯科患者への対応
35 QOLとQOD
36 全身的治療が必要な理由
37 口腔と全身の関係
38 おつりを新札に
39 ファミリー・デンティスト
40 アスペン化傾向
41 観光立国を意識した歯科医院
42 臨床証拠を基礎とした歯科診療のススメ
PDFを表示

Clinical Tooth Preparation VISUAL 支台歯形成 —臼歯部編—

Clinical Tooth Preparation VISUAL 支台歯形成 —臼歯部編—
著者西川義昌
出版社インターアクション
出版日2018年サイズA4判-変形
定価¥4,600-ページ数80
歯科臨床一般
誰もが安全な支台歯形成を行えるように、臼歯部の支台歯形成の基準を記した実習書。
歯の解剖学と支台歯形成の基本、基準にのっとった削り方、面基準の臨床活用について解説する。【「TRC MARC」の商品解説】
3面形成理論の特徴と長所はこれだ!
●天然歯の詳細な観察に基づく明確な形成理論
●CAD/CAMにも対応できる普遍性のある形成基準
●理論ののっとれば、再治療歯にも対応可能
●最小限の侵襲で、審美、機能を両立できる形成理論とテクニック
PDFを表示

書き込み式 歯科衛生士のためのインプラントのきほん

書き込み式 歯科衛生士のためのインプラントのきほん
著者山口千緒里・入江悦子        その他
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2018年サイズB5判
定価¥3,200-ページ数116 オールカラー
歯科臨床一般口腔外科/口腔診断
はじめてでもわかる! まずはこの1冊から!
インプラント治療はその有用性が広く認められ、欠損補綴の第一選択肢となることも珍しくはない時代になっています。そのインプラントが長く機能するためには、患者によるセルフケアと歯科衛生士によるプロフェッショナルケアによる適切なメインテナンスの継続が不可欠です。本書では、インプラント治療にかかわる基本中の基本を網羅し、初学者はもちろん、知識が曖昧で十分に整理できていない中級者も、そして育てる側のベテラン歯科衛生士や院長も活用できることをコンセプトとしています。

【CONTENTS】
第1章 インプラント治療の基礎知識
第2章 インプラント治療の前準備
第3章 インプラント手術当日の準備と介助
第4章 インプラントの補綴処置
第5章 インプラントのメインテナンス
PDFを表示

臨床歯科栄養学

—歯科に求められる栄養の基礎知識—
臨床歯科栄養学
著者花田信弘・萩原芳幸・北川昇
出版社口腔保健協会
出版日2018年サイズA4判
定価¥4,800-ページ数148 オールカラー
歯科臨床一般
 食や栄養を通じ、健康を追求するためには、あくまでも口から食事を摂取することが基本である。単に健康食品やサプリメントに依存することは否定され、正しい食事の摂り方と栄養バランスが強調されている。
 また、近年の歯科医師国家試験では歯・口腔と栄養の関連について科学的エビデンスが集積されたため、栄養学に関する試験問題が多数出題されるようになってきた。今、まさに口腔の健康をつかさどる歯科医療が、どこまで、そしてどのように貢献できるのかが問われているが、歯学部の学生教育に適した栄養学の教科書はなく、臨床の立場から問題提起をしたものも見当たらない。本書発行を契機に、「歯科栄養学」という学問分野がさらに発展し、臨床予防医学の一角を占める時代が来ることを願っている。

【CONTENTS】
第1章 歯科における食育と健康
  1 歯科が栄養に関与しなければいけない理由
  2 歯科疾患(う蝕,歯周病,咀嚼機能低下)と生活習慣病
  3 WHOが提唱する砂糖コントロール
  4 国家試験出題基準からみた知っておきたいやさしい栄養学の基礎
  5 咀嚼機能評価・口腔機能評価・食形態
  6 栄養サポートチーム
  7 特定保健用食品
  8 共生細菌の栄養学
  9 予防歯科の新しい考え方 生活習慣病(NCDs)を予防するための歯科外来

第2章 保健指導を学ぶ
  1 食育をキーワードにした,子育て支援活動
  2 歯科が関与する Non-Communicable Diseases(NCD)の保健指導(食事・栄養指導を中心に)
  3 高齢者をキーワードにした栄養指導

第3章 医科歯科連携
  1 訪問診療における栄養指導
  2 摂食嚥下障害と栄養
PDFを表示

高齢者歯科の医療事故防止

—適切な対応とは何か—
高齢者歯科の医療事故防止
著者足立了平・石垣佳希・石田瞭・尾崎哲則・小林清佳・下山和弘・須田牧夫・髙井良招・髙橋一也        その他
出版社口腔保健協会
出版日2018年サイズB5判
定価¥3,800-  送料¥360-ページ数200 2色刷り
歯科臨床一般
医療事故のリスクを減らす!
高齢者の歯科医療事故を防ぐためにどうしても知っておきたい知識と具体的対策を掲載。
 近年急増している高齢歯科患者は若年者よりも事故発生リスクが大きく、また訪問歯科診療などの安全管理のための十分な設備が望めない環境での診療も増えています。
本書では、医療安全に関する最新の知識、不測の事態が起きたときの具体的対策を掲載しています。安全・安心な歯科診療のために、本書をご活用いただければ幸いです。

【CONTENTS】
第1章 高齢者の医療安全上の問題点
第2章 高齢者が来院したら
第3章 治療時に注意すべき事項
第4章 事例と予防策

著者:田中彰、平野浩彦、深山治久
 
PDFを表示
ページトップ