九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット
月刊「歯科技工」別冊

再製を防ぐためのラボコミュニケーション

チェアサイドとの連携のコツ
再製を防ぐためのラボコミュニケーション
著者月刊『歯科技工』編集部
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズA4判
定価¥5,900-ページ数120 カラー
歯科技工
チェアサイドに対するラボサイドからのコミュニケーションを意味する“ラボコミュニケーション”このスキルを高めることは、両者の信頼関係を構築する第一歩となります。
本書ではチェアサイドを的確なコミュニケーションや情報共有をはかるコツや、補綴再製をはじめとするトラブルを極力なくすための留意点、工夫をまとめました。臨床技工に直結した実践書です。

【CONTENTS】
Part1 総論
Part2 各論―症例別 再製を防ぐポイント
PDFを表示

インプラント材料 Q&A

臨床の疑問に答える
インプラント材料 Q&A
著者吉成正雄
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズA4判-変形
定価¥9,000-ページ数144 カラー
インプラント
臨床家から集まった合計158の疑問に、材料学の立場でわいありやすく回答、バックグラウンドとなるデータ、写真を豊富に提示。
より基本的な「マテリアル編」と、臨床に即した「クリニカル編」の2冊で、インプラントをめぐるテーマを網羅。
チタン、ハイドロキシアパタイト、ジルコニアの材料の理解を深めると同時に、インプラント表面の特徴や、骨補填材、メインテンスなど、臨床に即したテーマも充実。

【CONTENTS】
マテリアル編
Chapter 1 チタンの物理的・機械的性質
Chapter 2 チタンの腐食と生体為害性
Chapter 3 リン酸カルシウム
Chapter 4 ジルコニア
Chapter 5 表面
Chapter 6 表面と生体反応
Chapter 7 光活性化,超親水性
Chapter 8 骨補填材(基礎編
クリニカル編
Chapter 1 インプラント材料としての適性
Chapter 2 組み合わせによる不快事項
Chapter 3 市販インプラント表面
Chapter 4 HAコーティングインプラントの特徴と問題点
Chapter 5 ジルコニアインプラントの特徴と問題点
Chapter 6 インプラント周囲骨の吸収(インプラント周囲炎)
Chapter 7 メインテナンス:デブライドメント
Chapter 8 力の関与
Chapter 9 骨補填材(臨床編)
Chapter 10 展望
PDFを表示

矯正歯科治療

この症例にこの装置 第2版
矯正歯科治療
著者後藤滋巳・清水典佳・槇宏太郎・森山啓司・石川博之
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズA4判-変形
定価¥19,000-ページ数376 カラー
矯正
矯正歯科治療に携わる歯科医師に求められるものは、患者さんの不正咬合の状態を適切に診断し、治療方針を立て、治療法(装置)を決定していく能力です。
今改定では実際の症例を大幅に刷新し、経験豊かな著者が診断のポイント、治療方針の策定法、装置の選択基準、装置の使用・調整方法を具体的かつ詳細に解説しています。
若手歯科医師でも、症例の疑似体験を通して熟練者の考え方が理解できるよう、臨床写真を多数掲載し、やさしい記述を心がけています。

【CONTENTS】
Part1 矯正歯科治療にあたって
Part2 矯正装置の種類と適応症
Part3 この症例にこの装置(矯正装置の使用実例)
PDFを表示

This is Suction Denture!

吸着至極のPicture Book
This is Suction Denture!
著者佐藤勝史
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2017年サイズAB判
定価¥9,000-ページ数112 オールカラー
歯科補綴
本書は『What is Suction Denture ?』に続く、“吸着”下顎総義歯マニュアルの第二弾。
より義歯の安定度が増し、より吸着度が増すためのアドバイス編。
内容がより読者に伝わるよう更なるビジュアル化に努めた。
上顎総義歯同様に、下顎総義歯でも8割程度の吸着は当たり前となる世界を実感していただきたい。
すべては、困っている無歯顎患者さんの笑顔のために。

【Contents】
1.80%を完全吸着させよう!
2.舌下ヒダ部からの漏洩の原因と対策
3.吸着下顎総義歯製作の流れ
4.概形印象
5.舌の後退位を考慮した精密印象法
6.アドバンス印象法
7.吸着下顎総義歯床形態の特徴
8.吸着下顎総義歯の浮き上がりの原因
PDFを表示
高齢者の歯科診療はじめの一歩

介護・介助の基本スキル

介護・介助の基本スキル
著者内藤徹・秋竹純・牧野路子・水谷慎介
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズB5判
定価¥3,000-ページ数94 2色
訪問・介護
要介護高齢者が安心・安全な歯科診療をうけるための姿勢や動作(診療用チェアへの移乗、誤嚥を起こさない適切な姿勢)の考え方と、そのための介助法の基本的な技術を紹介した一冊。
日常の診療にすぐ取り入れることができるよう、介助の基本的な手順は実例に則した写真などで詳細に図解。患者・医療者の双方に優しい診療のために知っておきたい介助法をまとめました。
また、高齢者診療で知っておきたい緊急時の対応、認知症の知識などの解説もあり、超高齢社会に対応するための「はじめの一歩」が踏み出せます。

【目次】
1章 なぜ介護・介助スキルが必要か
2章 高齢者歯科診療のためのコミュニケーションのポイント
3章 歯科診療所・施設での要介護高齢者への対応
4章 寝たきり高齢者への対応
5章 要介護高齢者への対応を充実させるための必要な技術
PDFを表示
ページトップ