九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

歯ならび、矯正歯科治療Q&A

歯ならび、矯正歯科治療Q&A
著者清水典佳・富永雪穂・納村泰弘
出版社医学情報社
出版日2018年サイズA4判
定価¥3,000-ページ数46 カラー
矯正
一般歯科医院、矯正専門歯科医院どちらの待合室にも最適の本です。
患者さんのよくある質問に、わかりやすくお答えしましょう。
関心の高い、成人矯正、アンカー(ミニインプラント)スクリューを使った治療、非抜歯治療、マウスピース矯正なども的確に説明できるように編集しました。
ベテランの先生方が、安心・安全の矯正歯科治療のためにまとめています。

【目次】
◆Q&A
Q.歯ならびが悪い原因は、ほとんどが「遺伝のせい」なのですか?
Q.歯ならびが悪いままだと、どんな困ったことが起きますか?
Q.舌のくせは、歯ならびに影響しますか?
Q.矯正歯科治療は、何歳くらいから始めるのがよいのでしょうか?
Q.成人してからでも、矯正歯科治療はできますか?
Q.どんなに悪い歯ならびでも、治りますか?
Q.歯を抜いて治療することもあるのですか?
Q.治療期間はどのくらいかかりますか? 装置をつけた後、どのくらいの間隔で通院するのでしょうか?
Q.目立たない治療法を選びたいのですが、どんな歯ならびでも大丈夫ですか?
Q.矯正歯科装置をつけたら、激しい運動や楽器演奏は控えたほうがよいですか?
Q.矯正歯科装置をつけると、むし歯や歯肉炎になりやすいというのは本当ですか?
Q.矯正歯科装置をつけると、しばらく歯が痛くなるというのは本当ですか?
Q.装置が壊れたり外れたりしないために、どんなことに気をつければいいですか?
Q.矯正歯科治療は健康保険がきかないのですか?
Q.矯正歯科治療後にも何か装置を入れておかないといけないのですか?
PDFを表示

“老化の予防”歯科Q&A

―口の健康が生活習慣病を防ぎます―
“老化の予防”歯科Q&A
著者武内博朗・野村義明・花田信弘
出版社医学情報社
出版日2018年サイズA4判
定価¥3,000-ページ数42 カラー
歯科臨床一般
生活習慣病を予防する歯科の新たな役割を患者さんに伝えましょう。
「全身疾患の発症・重症化の予防をする歯科」となるためにまとめました。
超高齢化時代だからこそ、若い世代から始めたい予防のアドバイス集です。

【目次】
■Q&A
1.糸ようじを使うと出血するのですが、そのまま続けていて大丈夫でしょうか?
2.歯肉に炎症があると心臓を悪くするって本当?
3.歯ぐきが下がってきたり、口臭がするのは歳のせい?歯周病のせい?    
4.歯の根のところが変色して、しみたり、痛んだりします。むし歯でしょうか?
5.奥歯がなくても何でも食べられればそのままでいいですか?
6.口の中が不潔だと肺炎になるんですか? 
7.歯がない人は認知症になりやすいんですか?
8.脳卒中に歯周病が関係しているんですか?
9.キシリトールはなぜむし歯予防だけでなく、お口のかわきにもよいのですか? 
10.よい甘いもの、悪い甘いものというのはどんなこと?     
11.マウスウォッシュ(洗口液)は本当に効果があるの? 
12.栄養状態がよくないと歯周病になりやすいんですか? 
13.乳酸菌で、本当にむし歯や歯周病が予防できるんですか?
14.古い歯垢、新しい歯垢ってなんですか? 
15.定期健診は年に何回受ければいいんでしょうか?
PDFを表示

有病者歯科学

有病者歯科学
監修今井裕・岩淵博史
著者岩垣佳希・小笠原正・近藤壽郎・坂下英明・佐野公人・柴原孝彦・渋谷鑛・白川正順・髙井良招
出版社永末書店
出版日2018年サイズB5判
定価¥9,000-ページ数304
歯科臨床一般
 日本有病者歯科医療学会の総力を挙げて編集・執筆した「有病者歯科学」の成書。
 医学的な知識の単なる羅列でなく、医学的配慮が必要な方の歯科治療に際し、歯科医学的な根拠を示し適切な歯科治療に手順が理解可能になる構成とし、日々の臨床の参考になる質の高いものを目指した。
 歯科医師をはじめ、有病者歯科医療にかかわる専門職および、それらを志す学生や卒後教育の指針となる。

【CONTENTS】
第1章 有病者歯科医療とは
第2章 患者の診察
第3章 有病者管理の基本
第4章 患者管理の各論(歯科治療上配慮すべき点)
第5章 緊急時の対応
第6章 チーム医療
第7章 訪問歯科診療における有病者歯科治療の実際
PDFを表示
困ったときにSEOAPで解決

有床義歯トラブルシューティング

有床義歯トラブルシューティング
著者河相安彦・水口俊介・大久保力廣・横山敦郎
出版社永末書店
出版日2018年サイズA4判
定価¥8,500-ページ数152 オールカラー
歯科補綴
 有床義歯調整に関連するトラブルを、問題解決型診療録の記載に際して用いられる「SOAP」に「E(検査)」を加えた「SEOAP」を使用し、系統だってトラブルを解決する方法を紹介。
 必要な情報収集を行い、ハードルを一つ一つ整理し解決する、新しい問題解決型思考を養う一冊!
 全部床義歯、部分床義歯の遭遇頻度の高い症例に基づいて解決パターンを解説。
 一般臨床家から学生まで、技師調整の取り組むうえで知っておきたい情報をまとめた。

【CONTENTS】
Chapter 1  有床義歯のトラブルに必要な基礎知識
Chapter 2  主訴に応じた診察(全部床義歯)
Chapter 3  全部床義歯における高頻度プロブレムと問題解決
Chapter 4  主訴に応じた診察(部分床義歯)
Chapter 5  部分床義歯における高頻度プロブレムと問題解決
PDFを表示

食べる喜びを支える歯科医療のためのデンチャースペース義歯

食べる喜びを支える歯科医療のためのデンチャースペース義歯
著者加藤武彦・三木逸郎・糟谷政治
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2018年サイズA4判
定価¥10,000-ページ数256 オールカラー
歯科補綴
2009年に出版し、大好評いただいた増刊号『総義歯難症例への対応その理論と実際にニュートラルゾーン理論によるデンチャースペース義歯』を昨今の超高齢社会のニーズに合わせて書籍として大幅リニューアル!
ニュートラルゾーン理論による周囲組織と調和のとれたデンチャースペース義歯や、認知症をはじめとした有病高齢者に対して歯科衛生士・言語聴覚士などの連携で対応した症例などを通して、人がよく噛んで食べることの意義を徹底解説しています。歯科界の未来に向けての羅針盤となる一冊。

【CONTENTS】
第Ⅰ章 ニュートラルゾーン理論を用いたデンチャースペース義歯
第Ⅱ章 機能にマッチした総義歯づくりとその理論
第Ⅲ章 デンチャースペース義歯の作り方
第Ⅳ章 デンチャースペース義歯を歯科技工士で実現するために
第Ⅴ章 顎堤条件の悪い症例の経過
第Ⅵ章 総義歯臨床に必要な形態解剖学(生理的運動)
第Ⅶ章 在宅診療における増義歯治療
第Ⅷ章 これからの未来を見据えて
PDFを表示
ページトップ