九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット
こんな患者が来たらどうする?

66症例に学ぶ歯科臨床の問題解決

診断・治療方針の決定・トラブルへの対応
66症例に学ぶ歯科臨床の問題解決
著者Edward W.Odell        その他
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判
定価¥14,000-ページ数300 カラー
歯科臨床一般
ベーシックな歯科治療から、全身疾患との関わり、社会的配慮の必要な事例まで、診療室に起こりうる問題が幅広く取り上げられていて、原著のシリーズで一番人気の本です。
最初に患者の既往歴が示され、診査→鑑別診断→検査→診断→治療という流れで書かれているので、一緒に症例検討をしているように読み進められます。
診断や治療における重要事項が口頭試問のように提示されているので、それに答えていくことで、臨床での問題解決力がアップします。

【CONTENTS】
Case 1 多数歯齲蝕
Case 2 多房性X線透過像…エナメル上皮腫
Case 3 予期せぬアクシデント…アナフィラキシーショック
Case 4 歯肉退縮
Case 5 未萌出の中切歯
Case 6 ダウン症の患者
Case 7 ドライマウス…シェーグレン症候群
Case 8 痛みを伴う開口障害
Case 9 広範な齲蝕病変…急性歯髄炎
Case 10 歯肉の腫瘤…化膿性肉芽腫の鑑別診断
Case 11 咬合痛…異常習癖によるクラック
Case 12 義歯床の欠陥…レジン床と金属床にみられた小孔
Case 13 突然の虚脱…麻酔薬投与後の意識消失
Case 14 治療に非協力的な子ども
Case 15 抜歯後の疼痛…ドライソケット
Case 16 口唇の麻痺
Case 17 歯の動揺…側切歯の内部吸収による歯根破折
Case 18 上顎洞口腔瘻…上顎第一大臼歯抜歯による上顎洞炎
Case 19 口腔内の潰瘍…再発性アフタ性口内炎
Case 20 頸部の腫瘤…転移性扁平上皮癌
Case 21 根未完成中切歯の外傷
Case 22 低血糖症
Case 23 ティータイム時の歯の脱落…ビスホスホネート関連顎骨壊死
Case 24 問題のあるオーバーデンチャー…不適切な咬合高径
Case 25 下顎埋伏智歯
Case 26 学校からの電話…転倒による歯の完全脱臼
Case 27 前歯部の変色…テトラサイクリン歯
Case 28 口腔粘膜の激しい痛み…単純ヘルペスウイルス感染による歯肉口内炎
Case 29 X線への警戒心…被曝の疑念を抱く患者への対応
Case 30 これってどっちが悪いの?…義歯製作における技工所とのコミュニケーション
Case 31 痛っ!…ヘーベルを自分の足に落とした時の対処法
Case 32 顔面腫脹と智歯周囲炎
Case 33 第一大臼歯…7歳児の深在性齲蝕の処置
Case 34 口の中が痛い…苔鮮様薬物反応
Case 35 どうしようもないブリッジ…インプラントによる修復
Case 36 スケートボードで転倒?…児童虐待の可能性
Case 37 有害反応…局所麻酔による不快症状
Case 38 重度歯周炎
Case 39 前歯の破折…交通事故による複数歯の破折と動揺
Case 40 不安の強い患者…静脈内鎮静法の適用
Case 41 頬粘膜の水疱…類天疱瘡
Case 42 この子を診てやってください…自閉症スペクトラム障害児の診療
Case 43 ブリッジの設計…4 を抜歯して矯正後に5 を喪失したケース
Case 44 抗凝固薬服用患者の抜歯
Case 45 舌の白斑(1)…白板症
Case 46 舌の白斑(2)…早期の扁平上皮癌
Case 47 大臼歯の歯内療法…齲蝕による不可逆性歯髄炎
Case 48 歯内療法の失敗…破折器具の除去
Case 49 顔面の腫脹…歯性感染症による膿瘍
Case 50 上顎側切歯の先天性欠損…正中離開の審美的改善
Case 51 前歯部反対咬合…8歳児の矯正治療
Case 52 難治性歯周炎?…ランゲルハンス細胞組織球症
Case 53 思いがけない所見…含歯性嚢胞
Case 54 前歯部の空隙…部分床義歯による補綴治療
Case 55 口蓋の腫瘤…多形腺腫
Case 56 第一大臼歯の急速な崩壊…エナメル質減形成
Case 57 口腔の扁平上皮癌
Case 58 HIV感染患者の抜歯
Case 59 開口制限…口腔粘膜下線維症
Case 60 トゥースウェア(1)…胃食道逆流症を原因とする酸蝕
Case 61 トゥースウェア(2)…酸性食品による前歯部の酸蝕に咬耗が加わった症例
Case 62 歯痛…セメント質骨異形成症
Case 63 5歳児の顔面膨隆…ケルビズム
Case 64 頸部の腫脹と疼痛…顎下腺の唾石症
Case 65 歯内療法後の再発…根管の過形成,歯根破折,不適切な根管充填
Case 66 頭痛…歯科疾患に関連する頭痛との鑑別診断
PDFを表示

フラップ手術のすすめ

基本手技+歯周組織再生療法・歯周形成外科
フラップ手術のすすめ
著者二階堂雅彦・北島一・長谷川嘉昭・吉野敏明・藤本浩平・片山明彦・吉野宏幸・斎田寛之・田中真喜
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判
定価¥9,200-ページ数232 カラー
歯科臨床一般
歯界展望別冊として大きな反響を得た「はじめてのフラップ手術」発行から10年。全面リニューアルし書籍化。
フラップ手術の基本的な手技から、歯周組織再生療法・歯周形成外科までをStep by Stepで解説。
「歯周外科治療をこれから始めたい」人にも「臨床でより有効に応用したい」人にも、一流臨床家による臨床例やQ&Aを通して臨床ヒントを得ることができます。
ビギナーにもやさしい、手技の動画つき!

【CONTENTS】
Section 0 フラップ手術を始める前に知っておくこと
Section 1 フラップ手術をやってみよう
Section 2 フラップ手術から一歩前進しよう!
Section 3 歯周形成外科にトライしよう!
Section 4 歯周外科治療を臨床にどう活かすか
Section 5 座談会 根分岐部病変~私はこう考える
Section 6 フラップ手術のすすめQ&A
PDFを表示
歯科医師・歯科衛生士のためのClinical Handbook

非外科治療による歯周病コントロール

非外科治療による歯周病コントロール
著者Paul A.Levi,Jr.・Robert J.Rudy・Y.Natalie jeong・Daniel K Coleman        その他
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズB5判
定価¥10,000-ページ数240 カラー
歯科臨床一般
歯科臨床医、歯科研修医、歯科衛生士、両学生など歯周治療に関わる方々のための、非外科的アプローチのすべてがまとめられたゴールドスタンダードです。
基礎からはじまり動機づけ、検査・診断、歯周基本治療、付加的な治療、メインテナンスまでタフツ大学歯周病科の臨床の実際を詳説。
多くの図や写真を用いて理解しやすく整理され、すぐに臨床に応用できる情報が満載。臨床のコツを具体的なイメージとしてとらえられる内容です。

【CONTENTS】
1章 基礎
2章 患者の能力を高める:コンプライアンスからコンコーダンスへ
3章 患者によるプラーク除去方法
4章 患者の検査と評価
5章 歯肉炎・歯周炎の診断や基本治療における器具の使用法
6章 治療
7章 補助的療法
8章 長期的予後のために必要な歯周メインテナンス治療
9章 結語
PDFを表示
ステップアップ歯科衛生士シリーズ 第3弾

歯周病に挑戦!ザ・ブラッシング  動画付き!

歯周病に挑戦!ザ・ブラッシング  動画付き!
著者佐藤昌美
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判-変形
定価¥3,600-ページ数88 カラー
歯科衛生士
本書はブラッシング指導のスキルアップを目指して、歯周病についての知識と歯ブラシの使い方のコツをStepごとにまとめたブラッシングに関する実践書です。
第1部では“歯周病とプラークコントロール”について、第2部は“ブラッシング指導”、第3部は5名の患者さんそれぞれの経過をまとめた“臨床編”で構成されています。
みなさんといっしょに勉強するのは、歯周病を治したいという熱意をもちながら、ちょっとブラッシング指導に悩むキャラクターです。工夫と熱意で歯周病に“挑戦”する一冊です。

【CONTENTS】
第1部 歯周病を治す基礎知識
第2部 ブラッシング指導のスキル
第3部 ブラッシング指導にチャレンジ
PDFを表示

写真でマスターする エンドでマイクロスコープを活用するための ポジショニングとミラーテクニック

写真でマスターする エンドでマイクロスコープを活用するための ポジショニングとミラーテクニック
著者橋爪英城
出版社ヒョーロン・パブリッシャーズ
出版日2018年サイズA4判
定価¥6,500-ページ数88 オールカラー
歯科臨床一般
精密な治療に欠かすことのできない歯科用マイクロスコープですが、「導入したけど使いこなせない・・・・・・」という声を聞くことがあります。
マイクロスコープを臨床で活かすためには、まずはその独自のポジショニングとミラーの使い方の習得が必須です。
本書では、マイクロスコープが最も使われている歯内療法における「ポジショニング」と「ミラーテクニック」のポイントについて、“治療部位別”に豊富な写真とイラストを用いてわかりやすく解説しています。
実際に治療を始める前に必要な機種の選び方や術者に合わせた設定の仕方、マイクロエンドに必要な器材なども紹介。

【CONTENTS】
Ⅰ マイクロスコープ導入の基本―自分だけのマイクロスコープをカスタマイズする
Ⅱ マイクロエンドを始める前の準備
Ⅲ エンドでマイクロスコープを使いこなすためのポジショニングとミラーテクニック
Ⅳ 部位別のポジショニングとミラーテクニック
Ⅴ マイクロスコープのオプション機能を活かして臨床応用する
PDFを表示
ページトップ