九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

外傷歯のみかたと対応

外傷歯のみかたと対応
監修北村和夫
著者楊秀慶
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判-変形
定価¥10,000-ページ数196 カラー
口腔外科/口腔診断歯科臨床一般
歯の外傷は子供を中心に多く、特に脱落歯や破折片、露髄した歯髄の保存の要望が強く、こうしてニーズに適切に応えることが歯科医師にとって重要です。
本書では、臨床で遭遇する歯の破折から脱臼まで、歯の外傷にスポットをあてて、緊急時に役立つ外傷歯の症例を詳細に分類し、その術式のコツをわかりやすく解説しています。
各症例には「ポイント」と「初期対応」を掲げ、当該症例の勘所を示すとともに、「歯の外傷」に多角的にアプローチした一冊です。

【CONTENTS】
Ⅰ 歯の外傷の概要と診査診断
Ⅱ 外傷歯の治療
Ⅲ 外傷歯のその他の治療法
Ⅳ 外傷歯の病理学、治癒
Ⅴ 障害児の歯の外傷への対応
Ⅵ 外傷歯の予防と対応
Ⅶ 歯の外傷の教育と現状
PDFを表示
アナログもデジタルも!保険も自費も!!

5年目までに押さえておきたい67のポイント

5年目までに押さえておきたい67のポイント
著者株式会社シンワ歯研 作業適正化委員会
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判
定価¥5,900-ページ数112 カラー
歯科技工
●卒後5年目までに身に付けておきたい技工テクニックを、作業の流れに沿って67項目でまとめた、悩める若手歯科技工士のための道標となる一冊です。
●各作業項目のポイントを写真、簡略な説明で解説するシンプルでわかりやすい内容となっています。
●中堅からベテランの歯科技工士が後進を育成する際に便利に使っていただけるツールとしてもご活用いただけます。

【CONTENTS】
Part1 総論
Part2 各論
PDFを表示

かかりつけ歯科医のための訪問歯科診療のヒント

かかりつけ歯科医のための訪問歯科診療のヒント
著者福井智子
出版社医歯薬出版
出版日2018年サイズA4判-変形
定価¥5,800-ページ数176 カラー
訪問・介護
訪問歯科診療に踏み出せなかった、思うように実施できていない先生方にとって“等身大の訪問歯科診療”を知り、ステップアップできる一冊です。
訪問歯科診療基礎知識、使用する機器、器具・器材や便利に使える各種書式など、訪問歯科診療に取り組むための臨床上・手続上のさまざまなヒントが満載!
患者さんにとって、最後までかかりつけの歯科医院であるために本書をご活用ください。

【CONTENTS】
第1章 訪問歯科診療の基礎知識
第2章 訪問歯科診療ヒント集
第3章 訪問歯科診療で活躍する機器、器具、器材
第4章 訪問歯科診療で便利な各種書式
PDFを表示

お口だって老化するんです

歯科の新しい病気「口腔機能低下症」かも…
お口だって老化するんです
著者櫻井薫・上田貴之
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2018年サイズA4判
定価¥3,000-ページ数32 オールカラー
歯科臨床一般
患者さん&スタッフが楽しく読める口腔機能低下症の本ができました。
平成30年度の歯科診療報酬改定で保険導入された「口腔機能低下症」が注目を集めています。
本書の前半では、待合室の患者さん向けに、普段の食事や会話中に現れる口腔機能が低下した状態をユーモア溢れる絵とフレーズで表現し、そのあとにQ&Aによるわかりやすい情報を掲載。
また、後半では歯科医療従事者向けに、検査と評価のポイント、予防や機能回復で大切なことを解説しています。待合室での適切な情報発信や口腔機能低下症の検査とそれに基づいた診断、そして何よりも、患者さんの口腔機能の維持・回復のためにぜひ本書をご活用ください。

【CONTENTS】
ご家族やご自身でこんな症状はありませんか?
口腔機能的低下症 Q&A
オーラルフレイルと口腔機能的低下症
検査と評価のポイント
予防や機能回復で大切なこと
使用する検査機器と検査時間
PDFを表示

かかりつけ歯科医のための口腔機能低下症入門

かかりつけ歯科医のための口腔機能低下症入門
監修一般社団法人日本老年歯科医学会
著者櫻井薫・水口俊介
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2018年サイズB5判
定価¥5,600-ページ数116 オールカラー
歯科臨床一般
新たな概念「オーラルフレイル」に対応した歯科発の新病名!
平成30年度の歯科診療報酬改定で「口腔機能低下症」が保険収載され、注目を集めている。
口腔機能低下症は、う蝕や歯周病のみならず、加齢や全身疾患、薬剤の副作用などによっても修飾され、複雑な病態を呈することが多い。
そのため、全身状態や生活習慣の改善など、多面的なアプローチが必要となる。
本書では「口腔機能低下症」の基礎知識と、診断に欠かせない7つの検査項目を詳細に解説している。
今後かかりつけ歯科医として患者の変化を見逃すことなく、的確なアドバイスを行うことが求められる。
また、保険の算定方法や歯科衛生士との連携についても網羅した「口腔機能低下症」の入門書。

【CONTENTS】
1章 口腔機能低下症とは
2章 口腔機能低下の診断基準となる7項目
3章 口腔機能低下症の管理と多職種連携
4章 保険診療での検査と口腔機能管理
PDFを表示
ページトップ