九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

歯科医院開業を成功させる50のQ&A

歯科医院開業を成功させる50のQ&A
著者橋本守
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2021年サイズB6判
定価¥4,000-ページ数220 
歯科医院経営
橋本会計の約300診療所の最新データをもとに 新規開業と経営の実践ノウハウを紹介!
2006年に『安心開業ハンドブック』を出版し15年が経過しました。
この間、社会情勢は様変わりし、歯科においては1回点数は500点から700点に増大、月回数は2.7回から1.8回に減少するなど大きく変化しています。
これらの変化について、橋本会計が持つ約300診療所の最新データをもとに分析し、新たに『歯科医院開業を成功させる50のQ&A』としてリニューアルいたしました。
第1章では開業地の選定、医院の広さ、資金の調達方法など、開業を決意された時に悩まれるQ&Aを紹介。第2章では開業前の準備にまつわるQ&A、そして第3章では開業後の経営におけるQ&Aを取り上げています。
開業を決意された方だけでなく、開業後の経営について悩まれている方にも幅広くお読みいただけます。

【CONTENTS】
第1章 歯科医師200名に聞いた開業アンケート(Q1~Q7)
第2章 開業前に押さえておきたい歯科経営データ(Q8~Q23)
第3章 歯科経営データ活用による安心経営(Q24~Q50)
PDFを表示

歯科医師&歯科衛生士のためのマウスピース矯正入門

歯科医師&歯科衛生士のためのマウスピース矯正入門
監修株式会社Blanche
著者穴沢有沙
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2021年サイズAB判
定価¥6,000-ページ数100 オールカラー
矯正
いま最もニーズの高い歯科治療のハンドブック!
現在、アライナー型矯正装置を使った治療、いわゆるマウスピース矯正治療のニーズが非常に高まっています。
2021年現在、マウスピース矯正装置は日本国内だけでも数十種類、世界では数百種類もあるといわれており、その実践においてはデジタルを駆使した治療計画の立案や口腔内スキャナの応用など、最新の機器・器材も欠かせません。
本書は、マウスピース矯正治療を始めるにあたって必要な知識を網羅しています。
マウスピース矯正治療の入門書として、広くご活用ください。

【CONTENTS】
◼マウスピース矯正とは
◼マウスピース矯正の利点・欠点
 ─ 痛みの伝え方
◼矯正治療を希望する患者の心理
 ─ 矯正治療カウンセリングのポイント
◼治療の流れと歯科衛生士の役割
◼精密検査の勘所
 ─ 口腔内写真・顔貌写真・光学印象・シリコーン印象
◼患者コンプライアンスを高めるアライナーの取り扱い説明
◼治療モニタリング
◼アライナーの交換スケジュールとアポイントマネジメント
◼矯正治療後の保定
◼患者コンプライアンスの維持
◼トラブルシューティング
◼口腔内スキャナを使った初診コンサルテーション
◼混合歯列期におけるマウスピース矯正
PDFを表示

よくわかる超音波スケーラーのきほん

よくわかる超音波スケーラーのきほん
監修長谷ますみ
著者前池綾乃
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2021年サイズAB判
定価¥4,000-ページ数84 オールカラー
歯科臨床一般歯科衛生士
ありそうでなかった初歩からわかる入門書!
現在、超音波スケーラーは多くの歯科医院で導入されています。
しかし、その使い方は先輩歯科衛生士から教わることがほとんどであり、先輩がいない歯科医院ではセミナーを受講したり、独学で習得したりというのが実情であったのではないでしょうか。また、超音波スケーラーをテーマにした成書は、基本はそこそこで応用が中心であるものばかりです。本書は機器の特徴から歯肉縁上・縁下におけるベーシックな使い方、術者のポジショニング、そしてエビデンスや臨床応用例までを収載。ありそうでなかった初歩的な疑問にもしっかり応えられる1冊です。

【CONTENTS】
第1章 超音波スケーラーを使用する目的
第2章 超音波スケーラーの概要
第3章 超音波スケーラーの基本操作
第4章 歯肉縁上のスケーリング操作
第5章 歯肉縁下のスケーリング操作
第6章 ポジショニング
第7章 Q&A 超音波スケーラーとエビデンス
第8章 超音波スケーラーを用いた臨床例
PDFを表示

歯科医師のための災害時マニュアル

歯科医師のための災害時マニュアル
著者江澤庸博・風間裕貴・鈴木健太郎
出版社医歯薬出版
出版日2021年サイズA5判
定価¥5,000-ページ数188 カラー
その他
災害時は公助を待つことなく、自助、共助で対応しなければなりません!
だからこそ、本書はそこまで知る必要があるのか?と思われる内容までも盛り込んで解説しています。
災害時に役立つ知識、機材の準備、運用方法、さまざまな緊急対処法がわかる実践ガイドです!!

【CONTENTS】
1 大規模災害への対応
2 警戒レベルとその対応
3 首都直下型地震とは?
4 火山噴火
5 歯科診療中に地震が起きたら
6 BCPとは何か?
7 災害・医療のフェーズと歯科医療支援の流れ
8 ロジスティックスとは何か?
9 クロノロとは何か?
10 災害時の通信手段確保(何が適しているか)
11 災害時の携帯電話や無線通信の基本
12 トリアージ(スタート法変法)
13 トリアージタグの記載法
14 緊急医療救護所(トリアージエリア)の設置
15 トリアージエリアにおける歯科医師会の行動
16 災害時には公的救助は望めない!!
17 バイタルサインとJCS
18 一次救命処置(BLS)
19 救命救急の対応
20 クラッシュ症候群とは?
21 災害時に役立つロープワーク
22 やけどへの対応と重篤度の診断
23 善きサマリア人の法とは?
24 エコノミークラス症候群
25 感染症対策の基本
26 新型コロナウイルス感染症への対応
27 Web会議,Zoom会議
28 PTSDなどの心理的反応
29 原子力発電所で事故が起きたら
30 防災訓練(医療連携訓練)の目標とは
31 自分のIDをどう証明するのか?
32 身元確認研修会とマニュアルはどのようにして構築,作成するのか?
33 災害時の身元確認
34 災害用備品
35 大規模,長期停電に備える
36 持ち出し品リスト
PDFを表示

コーヌスクローネ

長期経過症例と臨床統計からの再評価
コーヌスクローネ
著者スタディグループ救歯会
出版社医歯薬出版
出版日2021年サイズA4判
定価¥15,000-ページ数216 カラー
歯科臨床一般
成功の鍵は“内冠”の精度と“間接法” の理解
30年を超える長期経過症例と450ケースの臨床統計からコーヌスクローネを徹底解剖!
『コーヌスクローネ』発刊より36年。
スタディーグループ救歯会によるアップデートを経て書籍化!
◆ 複雑な製作工程をステップごとにわかりやすく理解でき、トラブルを招かない方策やトラブル対処法についても詳細に解説。
◆「間接法」を正しく理解することで、歯科技工士との連携がスムーズに。
◆欠損歯列、とりわけ少数歯残存症例において多くのメリットを有するコーヌスクローネは、超高齢社会に最適な補綴装置。
ぜひ臨床に取り入れてみませんか!

【CONTENTS】
第1章 コーヌスクローネの魅力
第2章 コーヌスクローネ製作の実際
第3章 コーヌスクローネ長期経過症例
PDFを表示
ページトップ