九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

部分矯正 その臨床応用のすべて

部分矯正で あなたの臨床の幅がぐんと広がる
部分矯正 その臨床応用のすべて
著者米澤大地
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2019年サイズA4判
定価¥14,000-ページ数252 オールカラー
矯正
部分矯正で
あなたの臨床の幅がぐんと広がる
部分矯正の各オプションの治療期間や流れの把握はもちろんのこと、どんなニーズに応用できるのか、その際の注意点は何か。
臨床医として知っておきたい矯正のテクニック、勘どころも満載。
この1冊で、補綴やインプラントの前処置、咬合誘導、審美治療など、臨床のありとあらゆる場面での部分矯正の活用法がわかる!

【CONTENTS】
PROLOGUE 部分矯正概論            
PART 1:治療目的別テクニックをマスターする        
第1章 歯牙挺出
第2章 叢生の改善
第3章 アップライト(整直)
第4章 圧下(前歯部・臼歯部)
第5章 根近接改善
第6章 成長期の歯列弓の拡大
第7章 対合関係改善のための狭窄歯列の拡大
第8章 臼歯部のクロスバイトの改善
第9章 埋伏歯の牽引
第10章 捻転歯の改善

PART 2:アドバンス症例への対応と成功のための重要事項            
第1章 病的歯牙移動(PTM)の改善
第2章 難易度が高く、予後が期待できない部分矯正
第3章 部分矯正の包括的治療への応用
第4章 保定と咬合
第5章 矯正治療の問題点:「安易さ」への警鐘
PDFを表示

アイ・ステーションの臨床

メカニクス、その先へ
アイ・ステーションの臨床
著者斉宮康寛
出版社東京臨床出版
出版日2019年サイズA4判
定価¥20,000-ページ数220 フルカラー
歯科臨床一般
歯科矯正用アンカースクリューの出現で、矯正治療は大きく変わり、以前では不可能であった治療ができるようになった。しかし、スクリューの普及とともに、脱落、感染・膨張、歯根接触、一方向からの牽引しかできないなど、いくつかの問題点、課題がクローズアップされてきた。
これらの課題に真正面から取り組んだ著者は、数年にわたる試行錯誤と試作品の改善を積み重ね、全く新しいコンセプトのもとに矯正用アンカレッジシステムi-stationを誕生させた。
本書の第一部「i-stationの開発背景とコンセプト」では、著者が以前に手がけた症例をもとに、既存のアンカースクリューによる治療上の課題を明らかにするとともに、その反省から生まれたi-stationのコンセプト、構成部材、埋入方法、装置の作製手順が詳細に紹介されている。
また、第二部の「i-stationのメカニクスと臨床」では、精密な術式を用いることなく、あらゆる歯の移動に、同時進行で対応できるi-stationの数々の特徴を、実際の症例を通じて詳説されている。
本書により、i-stationの開発に至る経緯、中でも、新しいメカニクスについての発想を著者と共有することにより、システムの理解が一層深まり、的確な装置の作製と臨床応用が容易に身につくことは、開発者自らが著した本書ならではの特徴でもある。
PDFを表示

Clinical Provisional Restoration

VISUAL プロビジョナル・レストレーション
Clinical Provisional Restoration
著者西川義昌
出版社インターアクション
出版日2019年サイズA4判-変形
定価¥4,600-ページ数90
歯科補綴
Chapter1 歯の形態の基本情報
  1.歯の長軸方向
  2.歯種別傾斜角度
  3.歯のサイズと形態

Chapter2 スリープレーン・コンセプトとエマージェンス・プロファイル
  1.歯冠形態(スリープレーン・コンセプト)の再現
  2.スリープレーン・コンセプトの4つの基準点
  3.エマージェンス・プロファイルの再現
  4.天然歯に見られるエマージェンス・プロファイル形態
  5.スリープレーン・コンセプト+エマージェンス・プロファイル
  6.スリープレーン・コンセプトとエマージェンスプロファイルの再現<1>前歯部/<2>臼歯部

Chapter3 形態付与の実際
  1.プロビジョナル作製の一連の流れ
  2.前歯軸面形態の付与
  3.臼歯軸面形態の付与
  4.咬合面の形態付与
  5.エマージェンス・プロファイル部の形態付与

付録 ポンティック部とプロビジョナルの研磨について
  1 ポンティック部の立ち上がり凸面形態の与え方
  2 ポンティック部のジンジバル・スキャロップの位置
  3 ポンティック部の基底面の形態
  4 プロビジョナルの研磨
  本書の使用機材
PDFを表示

Clinical Tooth Preparation

VISUAL 支台歯形成―臼歯部編―
Clinical Tooth Preparation
著者西川義昌
出版社インターアクション
出版日2018年サイズA4判-変形
定価¥4,600-ページ数80
歯科補綴
Chapter1 歯の解剖学と支台歯形成の基本/まずは「歯」を知る
  1.歯の長軸方向解剖図
  2.歯の平均的なサイズ
  3.歯の形態(スリープレーンコンセプト・Three Plane Concept)
  4.支台歯形成の基本

Chapter2 理論編/基準にのっとって削る
  著者推奨:形成に使うバー
  バーのあて方
  1.頬側・舌側軸面は3面形成 下顎6番の例から
  2.フィニッシュライン部の形成
  3.臼歯部特有の形成
  4.削除量の最終チェック

Chapter3 実践編/面基準の臨床活用
  本書の形成基準の活用例から
PDFを表示

Clinical Tooth Preparation

VISUAL 支台歯形成―前歯部編―
Clinical Tooth Preparation
著者西川義昌
出版社インターアクション
出版日2018年サイズA4判-変形
定価¥4,600-ページ数76
歯科補綴
Chapter1 歯の解剖学と支台歯形成の基本/まずは「歯」を知る
  1.歯の長軸方向解剖図
  2.歯の平均的なサイズ
  3.歯の形態(スリープレーンコンセプト・Three Plane Concept)
  4.支台歯形成の基本

Chapter2 理論編/基準にのっとって削る
  著者推奨:形成に使うバー
  バーのあて方
  1.頬側・舌側軸面は3面形成 上顎1番の例から
  2.フィニッシュライン部の形成
  3.削除量の最終チェック

Chapter3 実践編/面基準の臨床応用
  本書の形成基準の活用例から
PDFを表示
ページトップ