九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

土屋和子の超音波スケーリング

土屋和子の超音波スケーリング
著者土屋和子
出版社生活の医療社
出版日2018年サイズA5判
定価¥2,500-ページ数64 オールカラー
歯科衛生士
患者さんと私・・・土屋和子さんに聞く
1.なぜ、SRPをするの?
2.健康な歯肉辺縁のかたち
3.パワースケーリングとハンドスケーリング
4.超音波スケーラーの選び方
5.除去効果はあげたい、歯面は傷付けたくない
6.効果的なインスツルメンテーションのための歯の解剖学
7.安全で効果的なチップの使い分け
8.五感で覚えるトレーニング

患者さんが超音波スケーラーを嫌がるには...
「こちらが痛み(や不快)を感じることができなければプロじゃない」
私は患者さんに必ず超音波スケーラーの説明をするんです。仕組みを簡単に説明して、「これを使うと歯石が楽に速く取れます」と。そしてこういう嫌がる患者さんでなくても、必ず「今から何分間、この器械を使いますね」と断って使います。患者さんが、心積もりできますからね。
…こちらが痛みを感じることができなければプロじゃないですから、たとえお顔にタオルを掛けていたとしても、からだのどこかに緊張が走ったり、ビクッとするような動きがあったら、痛いんだなってわかりますね。もちろん、痛いですかという言葉は、かえって暗示になりますから絶対に使いません。痛いんだなと思ったら、まったく別の場所に移ります。たとえば下顎前歯部を処置していて、ビクッとしたら、上顎の臼歯部に行くとかですね。そうやってランダムにやっていくとやがて終わるんです。
「患者さんと私・・・土屋和子さんに聞く」より抜粋
PDFを表示

歯科からはじめるアンチエイジング栄養学

歯科からはじめるアンチエイジング栄養学
著者森永宏喜
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2019年サイズA5判-変形
定価¥4,000-ページ数144 オールカラー
歯科臨床一般
「必見! “歯科とアンチエイジング”の深い深い関係」
本書では、日本で初めてアメリカ・アンチエイジング医学会認定医を取得した歯科医師の森永宏喜氏が、栄養学に関連した「歯科とアンチエイジング」の関係を、わかりやすく、かみ砕いて解説しています。「なぜ赤ちゃんの肌はみずみずしい?」、「かくれ貧血ってなに?」、「糖質を上手に摂る方法とは?」など、栄養素が身体に与える影響とアンチエイジングに欠かせない知識が満載で、栄養療法の第一歩を踏み出すのに最適の一冊です。歯科医師の先生方はもちろんコ・デンタルのみなさんにも読んでもらえる内容になっておりますので、自身の健康管理のために、また患者さんへの情報提供のために、ぜひご一読ください。

【CONTENTS】
【第1章】アンチエイジング栄養学概論
【第2章】栄養素が身体に与える影響
【第3章】Q&A 栄養療法を取り入れるには —基本スタンスから小技まで  
【第4章】歯科こそ抗加齢医学のフロントランナー
       —オーソモレキュラー栄養療法の将来展望
PDFを表示

チームで成功させるホワイトニング

壁を乗り越えるポイントと臨床テクニック
チームで成功させるホワイトニング
著者須崎明
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2019年サイズA4判-変形
定価¥9,500-ページ数160 オールカラー
歯科臨床一般
医院に1冊!ホワイトニングを成功に導く実践書
現在、ホワイトニングは、歯科医院はもちろんのこと、患者にもその知識は広がっています。しかし、ホワイトニングが「当たり前」になってきているなかで、実際に医院に取り入れてみたものの、うまく効果を出すことができず、逆に医院の信頼を損なうようなこともあるようです。そのため、本書では、ホワイトニングを成功に導き、患者満足や信頼を獲得するためのポイント・勘どころを楽しく、短時間で押さえられるように解説しています。さらに「ただ歯を白くするだけではない」ホワイトニングの効果についても言及しています。 うまく効果が出せないという「壁」を乗り越えるため、本書が日頃の臨床の一助となり、歯科医院全体の活性化につながれば幸いです。

【CONTENTS】
Wall 01 ホワイトニングを患者にうまく勧められない
Wall 02 ホワイトニングの術前診査のポイントがわからない
Wall 02 簡単な症例の見極めができない
Wall 04 難しい症例に取り組む自信がない
Wall 05 ホームホワイトニングジェルの濃度の使い分けができない
Wall 06 失活歯の漂白がうまくいかない
Wall 07 術直後の注意点を患者にうまく伝えられない
Wall 08 ホワイトニング後のセルフケアとプロフェッショナルケアの方法がわからない
Wall 09 ホワイトニングによる知覚過敏の対応がうまくできない
Wall 10 ホワイトバンドやホワイトスポットの対応がわからない
Wall 11 ホワイトニング後のCR修復がうまくいかない
Wall 12 ホワイトニング後の補綴修復がうまくいかない
PDFを表示

GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK

GPでもできる反対咬合“早期治療”BOOK
著者鈴木設矢
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2019年サイズA4判
定価¥4,800-ページ数64 オールカラー
矯正
子どもの反対咬合に即効!
顔貌も改善します。
不正咬合は見た目でわかる形態的な疾患であるため、子どもに異常があれば一般臨床医でも容易に早期発見が可能です。
しかし、発見しても放置すれば状態は悪化し、叢生などとの合併症を起こすと治療は複雑化するうえ、さらに骨格性反対咬合へと移行すると大がかりな外科的矯正治療を要する可能性が高まります。
また、反対咬合は子どもの顔貌を歪めてしまいます。
本書は、一般臨床医が早期に発見した子どもたちの反対咬合を、早期に治療するためのポイントを簡潔明瞭にまとめています。“様子をみる”前に、ぜひご一読ください。

【CONTENTS】
様子を見るべきか、早期治療の開始か
不正咬合は歯列だけの問題か
保護者が矯正治療を希望する時期
小児歯科と一般歯科との治療概念の違い
最も大切な審査事項は年齢
歯列を取り巻く口腔の環境を考える
反対咬合を考える
反対咬合の自然治癒
機能性反対咬合の考察
乳幼児の反対咬合はなぜ自然治癒しやすいのか(解剖学的考察)
低位舌による機能性反対咬合の発症
舌のポスチャー(姿勢位)を考える
機能性反対咬合の治療方法
パナシールドPMの適応症
なで反対咬合が発症するのか
生体の成長を考えよう
PDFを表示

解剖から学ぶ口腔ケア・口腔リハビリの手技と、その実力

オーラルフレイル予防のために
解剖から学ぶ口腔ケア・口腔リハビリの手技と、その実力
著者北村清一郎・黒岩恭子・森淳一
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2019年サイズA4判
定価¥12,000-ページ数232 オールカラー
歯科臨床一般
解剖を知れば臨床が楽しくなる。
黒岩恭子の口腔ケア・口腔リハビリと、多職種連携でオーラルフレイル予防!!
口腔ケア・口腔リハビリに必要な解剖学の知識をまとめるのが本書の目的であるが、解剖学の知識のみならず、口腔の機能訓練や摂食・嚥下リハビリ臨床の現場まで記載の枠を拡げた。解剖学の知識を、臨床により直結させたいという思いからである。解剖学から学んだ口腔ケア・口腔リハビリの手技の実力を読み取っていただきたい。

【CONTENTS】
第Ⅰ章 咀嚼・嚥下関連器官の構造とはたらき
第Ⅱ章 咀嚼・嚥下器官の動きと筋・嚥下
第Ⅲ章 口腔機能の改善はなぜ嚥下機能の改善に繫がるのか
第Ⅳ章 摂食・嚥下障害への対応
第Ⅴ章 フレイルと口腔機能
第Ⅵ章 口腔リハビリにおける姿勢の調整と筋のリラクセーション
第Ⅶ章 “黒岩恭子の口腔リハビリ”の3つの柱
PDFを表示
ページトップ