九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

そうだったのか!CR修復

CR修復に悩んでいる人に読んでほしい本
そうだったのか!CR修復
著者須崎明
出版社ヒョーロン・パブリッシャーズ
出版日2017年サイズA4判-変形
定価¥8,000-ページ数168 オールカラー
歯科臨床一般
CR修復に関する“悩み”“トラブル”を解決!
「脱落した」「冷たいものがしみる」「マージンに褐線がみられる」など、日常臨床で多く経験するCR修復の悩みやトラブルについて、適切に対応し、解決に導くための知識と技術のポイントを具体的に解説!
CRの幅広い応用とテクニックを提示!
接着理論や材料の特性を理解し、器具・器材を使いこなすことにより、CR修復は幅広い症例に適応することができます。CR修復の様々なケースを示し、確実・効率的に処置を行うための手技のステップを多くの写真とイラストで詳述!
【内容紹介】
Ⅰ こんな時どうする?自信を持って対応できる! CR修復のトラブルシューティング
Ⅱ 治療オプションとして手に入れたい ここまでできる! CR修復の適応
Ⅲ 臨床のレベルアップ! 一歩上をいくためのCR修復のテクニック・コンセプ
PDFを表示
Step by Stepでみえる・わかる

成功するインプラント治療の基本原則

成功するインプラント治療の基本原則
監修河津寛
著者渡辺隆史・横瀬敏志・龍田恒康・林丈一朗・長谷川雄一・荻原拓郎・渡邊一史
出版社ヒョーロン・パブリッシャーズ
出版日2017年サイズA4判
定価¥8,000-ページ数168 オールカラー
インプラント
30年にわたるインプラント臨床の経験を大学研究者・若手歯科医師・歯科技工士で共有し、そこから、見えてきた「成功するための基本原則」を31のStepにまとめたものです。
Part I まず最初に考えること,知っておきたいこと
  Chapter1 本当にインプラント治療が必要か?―インプラント治療の基本原則とは―
  Chapter2 “骨代謝”を知らずにインプラントは語れない
Part II インプラント治療成功への31のStep
  Chapter1 インプラント治療を始める前に
  Chapter2 インプラント治療のための精密検査
  Chapter3 インプラント治療計画の立案
  Chapter4 インプラント手術の前に
  Chapter5 インプラント手術
  Chapter6 インプラント補綴
  Chapter7 インプラントのメインテナンス
 
PDFを表示

歯科がかかわる地域包括ケアシステム入門

歯科がかかわる地域包括ケアシステム入門
著者市川哲雄・白山靖彦
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズB5判
定価¥4,500-ページ数120 2色
歯科臨床一般訪問・介護
 超高齢社会に対応した地域医療・福祉のあり方として提唱されている「地域包括ケアシステム」に、歯科医療の積極的な参画が求められています。
 地域包括ケアシステムとそれに関連する制度や、各種歯科医療の技術をどのように在宅の場で用いるのか、そのヒントや実例が示されています。
 さまざまな職種や制度が関係する地域包括ケアシステムのなかで、どのように歯科の特性を生かし、どう患者を支えるのか。超高齢社会に求められる歯科医療を理解して実践するための道標となる一冊です。

【CONTENTS】
Chapter 1 地域包括ケアシステムを知る
Chapter 2 地域包括ケアシステムで連携する
Chapter 3 地域包括ケアシステムで治療する
Chapter 4 地域包括ケアシステムを活用する
Chapter 5 地域包括ケアシステムをつくる
PDFを表示

歯科医院でできる「食べる」機能の評価と対応

歯科医院でできる「食べる」機能の評価と対応
著者石田瞭
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズB5判
定価¥3,600-ページ数56 2色
歯科臨床一般
 一般歯科医院でできる摂食嚥下機能の評価(スクリーニングやフードテスト)や摂食嚥下障害の対処法(嚥下体操など)、専門家でなくとも行える対応やサポートを多くのイラストと写真でわかりやすく具体的に解説。
 歯科医師、歯科衛生士が摂食嚥下機能の維持・向上に取り組むためのヒントが満載です。

【CONTENTS】
1 患者の高齢化で気をつける点は?
2 摂食嚥下障害の原因となる疾患は?
3 普段の歯科診療から摂食嚥下障害を予測する
4 診療所での対応の流れ
5 歯科医院で摂食嚥下機能の評価を考える―診療所でできる問診~スクリーニング
6 栄養状態を知る
7 歯科医院でできる摂食嚥下障害の対処法―摂食機能療法
8 嚥下内視鏡検査
9 食事場面で最低限注意したいそのほかのこと
PDFを表示

多職種連携で活用! ポケット版歯科衛生士のための医療用語・福祉用語

多職種連携で活用! ポケット版歯科衛生士のための医療用語・福祉用語
著者尾﨑哲則・藤井一維・武井典子・吉田直美
出版社医歯薬出版
出版日2017年サイズA6変型
定価¥2,200-ページ数128 2色
歯科衛生士
 歯科衛生士が多職種と連携する場面がここ数年急増しています。NSTチームに代表されるように総合病院などでは医師、看護師、管理栄養士との協働や、高齢者施設、歯科訪問診療での介護福祉士等との協働が必須です。その際、重要なのが各領域で使用している専門用語が理解でき、コミュニケーションがうまくとれることです。
 多職種連携を目的に、身近でよく聞く用語、略語、カタカナ語、制度・行政用語などを中心に収載しています。
 臨床現場にとどまらず、歯科衛生士養成校学生にとって臨床・臨地実習を行う際にも、ポケットに携帯し確認したい時にいつでも調べることができるお役立ちの一冊です。
PDFを表示
ページトップ