九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

セミナー情報
Seminar

天然歯とインプラントのメインテナンス

~インプラント治療を成功に導くために、私たち歯科衛生士ができること~
受講対象 :歯科衛生士福岡県
講 師河野 章江 先生
 東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科非常勤講師
 講道館ビル歯科・口腔外科勤務
開催日時2018年 6月17日 日曜日 大阪
      7月22日 日曜日 福岡

 ※各日13:30~16:30
会 場【大阪】
ドーンセンター(天満橋)

【福岡】
博多バスターミナル貸ホール(博多)
参加費8,000円(税込)
 ●ご参加いただいた方には、当日紹介する口腔衛生ツールのサンプルを差し上げます
定 員48名
主催者クロスフィールド
協賛・共催
概 要天然歯でもインプラントの場合でも、良好なプラークコントロールが治療の成否を決定するといえるでしょう。患者さん自身に効率のよい適切なセルフケア(ホームケア)を実践していただくために、口腔清掃ツールの選択にも私たちのプロフェッショナルな視点が求
められます。
また、長期にわたりインプラント治療を成功に導くためには軟組織の環境や上部構造の清掃性などの局所的リスクファクター、生活習慣や全身疾患などの全身的なリスクファクターを考慮していきます。
メインテナンスを行う目的は、インプラント周囲炎の予防と早期発見、早期治療であるといえますが、メインテナンスプログラムについて確実なガイドラインがないのが現状ですし、インプラント周囲炎の治療法についても、エビデンスが十分にあるとはいえません。
それでもインプラントの患者さんは増えていきます。超高齢社会に突入している今、長期経過において起こりうる問題への対応は歯科界に突きつけられた課題となっています。
インプラント治療後、長期的で良好な予後のために私達はどのようなサポートをしていけば良いのでしょうか?今、私達にできることは、どのようなことでしょうか?
これまでインプラントに携わったことのない方にも明日からの臨床にお役立ていただける内容となっております。どうぞご参加ください。

■ 講演内容
・ インプラント周囲炎のリスクファクター
・ インプラント周囲炎を予防するために
・ インプラント周囲炎が起きてしまったら…
・ インプラント用インスツルメントとセルフケアグッズのいろいろ
・ メインテナンスプログラム~アセスメントとケアプラン
・ 超高齢社会でのインプラントをどう捉えるか
・ 禁煙プログラムを考える
申し込み先【お申込・お問合せ先】
 クロスフィールド(株)
  〒130-8516
   東京都墨田区江東橋1-3-6
   TEL:03-5625-3306
   FAX:03-3635-1060
   URL:www.crossf.com
ページトップ
注意事項
このサイトで提供している製品、サービス等の情報は
歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士等の歯科医療従事者の方に提供することを目的としており、
一般の方への情報提供を目的としたものではありません。

あなたは歯科医療従事者ですか?

はい
いいえ