九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

セミナー情報
Seminar

 一覧に戻る 

これから矯正治療をはじめる先生方のための

乳歯列期から混合歯列期までの矯正治療

~基礎から学ぶ矯正臨床 ハンズオン ベーシック5日間コース~
受講対象 :歯科医師福岡県
講 師神野 時有 先生
 日本矯正歯科学会
  専門医・指導医・認定医
開催日時2018年 7月 1日 日曜日
      8月 5日 日曜日
      9月 2日 日曜日
     10月21日 日曜日
     11月11日 日曜日
 ※各回とも10:00~17:00
会 場○リファレンス駅東ビル(7,9,10月)
  福岡市博多区博多駅東1-16-14

○福岡朝日ビル(8,11月)
  福岡市博多区博多駅前2-1-1
参加費受講料:324,000円(消費税込) 分割可
材料費: 19,150円(消費税込)
 ※実習用顎模型、プライヤーなどのインスツルメント類は含まれていません。
  (受講者へは後日詳細を配布)
定 員10名
主催者岡山矯正研究会
協賛・共催
概 要★矯正治療を導入したいが、どのようなテクニックで導入したらいいのか?
★矯正治療を導入したが様々なトラブルに頭を悩ませている・・・
★矯正治療の難易度を判別するには?
★拡大床で拡大したが、その後の治療方針が分からない・・・
という基本的な情報が知りたいとお考えなのではないでしょうか?
 
 今日、様々な矯正治療テクニックが存在していますが、成長発育過程で適切な治療を行えば、正常咬合への道筋を誘導することができ、永久歯列期を非抜歯で進める可能性が高くなってきています。そのテクニックの主体はDr.Robert M.Rickettsが考案したBioprogressive テクニックです。このテクニックは永久歯列期だけではなく混合歯列期の早期治療にも用いることができ、一層非抜歯の治療に歩み寄ることのできるテクニックです。
 本コースでは、Bioprogressiveテクニックの基本と治療の実際について実習を含めながら詳しく解説していきます。未経験者・初心者の方が受講される場合にお勧めで、明日からすぐに臨床の場で役立つ内容構成になっています。
コース修了後も先生方の症例相談をお受けし、アドバイスを行っています。

《コース内容》
●矯正診断・治療に必要な資料
●Bioprogressiveテクニックの概要
●早期治療のタイミングと意義
●乳歯列期から咬合歯列期での不正咬合の治療方法
  (反対咬合、上顎前突、叢生、開咬)
●ヘッドギアの治療時期・効果
●フェイシャルマスクの治療時期・効果
●拡大装置
  (クワドヘリックス、急速拡大装置)
●ブラケット、ワイヤーの特長
●正しいブラケットポジショニング
●基本的なワイヤーベンディング実習
●ユーティリティーアーチの種類
申し込み先お申込みはFAXにてお願い致します。
  FAX:086-222-5822

【お問合せ】
 岡山矯正研究会 
  TEL:086-222-5850
  FAX:086-222-5822 
  E-mail:tokiari@mx3.tiki.ne.jp
ページトップ
注意事項
このサイトで提供している製品、サービス等の情報は
歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士等の歯科医療従事者の方に提供することを目的としており、
一般の方への情報提供を目的としたものではありません。

あなたは歯科医療従事者ですか?

はい
いいえ