九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

セミナー情報
Seminar

 一覧に戻る 

長期予後を考えたインプラント治療とは

~術後トラブルを回避するためにすべきこと~
受講対象 :歯科医師大阪府
講 師小宮山 彌太郎 先生
 東京都千代田区開業
 ブローネマルク・オッセオインテグレイションセンター 院長
開催日時2018年 3月11日 日曜日 10:00~16:00
会 場株式会社モリタ デンタルプラザOSAKA 100周年記念ホール
 大阪府吹田市垂水町3-33-18
  TEL:06-6380-2525
参加費モリタ友の会 会員(本人)   9,720円(税込)
        (本人/SPIユーザー)
       スタッフ     12,960円(税込)
        (院長が一般会員/院長がSPIユーザー)
未 入 会           23,760円(税込)

※昼食代を含みます。
※お申込み受付後、開催日の約1ヶ月前になりましたら、振込み情報等詳細
 案内をお送り致します。恐れ入りますが事前のご入金をお願いいたします。
※開催日前10日を期してキャンセルによる参加費の返金はいたしかねます
 ので予めご了承ください。
※振込手数料は振込側ご負担をお願いいたします。
※お振込みの控えをもちまして、領収書に代えさせていただきます。
定 員30名
主催者モリタ
協賛・共催
概 要インプラント療法における目標は、長期間にわたる口腔機能の回復による生活の質の改善とその維持です。本来は、それが可能な治療法と位置づけられてきました。それを得るためには、診査、診断に始まり外科術式、補綴術式そしてメンテナンスとすべての過程で細心の注意が求められます。
 しかしながら、世界中でインプラント周囲炎が報告されるようになってきた背景には何があるのでしょうか。それを防ぎ、もしもそれが発現した場合には、歯科医療従事者として何を成すべきでしょうか。その際に患者さんだけではなく、われわれも楽ができるということが知られてくると、世界的にスクリュー固定による修復法が盛んになりつつあります。ただ世界の潮流だからといった安易な取り組みは、今後より大きな問題の要因になるように感じています。この点を含めて、患者さんから喜ばれる一治療法としてのインプラント療法について考えてみたいと思います。
申し込み先【お申込み・お問合せ】
株式会社モリタ 大阪本社セミナー係
TEL:0120-988-291または06-6338-7146
FAX:0120-988-520
ページトップ
注意事項
このサイトで提供している製品、サービス等の情報は
歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士等の歯科医療従事者の方に提供することを目的としており、
一般の方への情報提供を目的としたものではありません。

あなたは歯科医療従事者ですか?

はい
いいえ