九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

セミナー情報
Seminar

 一覧に戻る 

総義歯の痛い・外れるにどう対応するか

~実技テーブルクリニック&ムービーケースプレゼンテーション~
受講対象 :歯科医師歯科技工士愛知県
講 師村岡 秀明 先生
 むらおか歯科矯正歯科クリニック 院長 千葉県開業
開催日時2018年 4月22日 日曜日 12:30~17:00
会 場AP名古屋.名駅
 (名古屋市中村区)
参加費トクヤマデンタル倶楽部会員 ¥12,000-(税込)
会員から紹介された技工士 ¥8,000-(税込)
上記以外の方 ¥22,000-(税込)
定 員50名
主催者トクヤマデンタル
協賛・共催
概 要総義歯をうまく作るコツをひと言で言うと「動かないようにしたら、動かないようにしろ」だと思っている。義歯が動かないような印象が採れたら、義歯を動かさないような咬合を与えるのである。どんなに良い印象採得が行われても、咬合が悪いと義歯が動かされて痛くなり外れてしまうということになる。いや、かえって義歯がピッタリできあがっているが故に咬合の影響を受けやすいとも言えるというわけで決め手は咬合なのだが、まず、その前段階として良い形の義歯ができていなければならない。
私は、総義歯を形から教わった。今でも形を作ることを主眼に臨床を進めているのだが、その形作りには、トクヤマリベースⅢが重要な役割を果たしている。コピーデンチャーを使い、いわゆる旧義歯を口腔内で直接改造していけば、印象採得を行う時点で、新義歯の出来上がりを予測することができる。その改造に大いに力を発揮してくれるのが、トクヤマリベースⅢである。まず、ファーストタイプを使い、辺縁形態と外形を仕上げていく。その辺縁形態の微妙な形はノーマルタイプによるウォッシュで仕上げるのである。
今回のセミナーでは、ファーストタイプ、ノーマルタイプを用途により使い分け、実際に口腔内でパーシャルデンチャー個人トレー印象を採りながら総義歯の辺縁形態、パーシャルデンチャーの辺縁形態、そして、機能し痛くない外れない義歯の形について実技デモと診療室で撮影したムービーを中心に解説する。

【セミナー内容】
●トクヤマリベースⅢ
 ファーストタイプとノーマルタイプの使い分け。
●入れ歯には入れ歯の形がある。
●自分の下顎パーシャルデンチャー個人トレー印象をみんなの前で採ってみせる。
●顎堤吸収が進んだ下顎の無歯顎...。
●リマウントの話~そして咬合を...。
申し込み先お申込み書をFAXにてお送りください。
折り返しFAXにて詳しいご案内をお送りいたします。
  FAX:0120-051-980
【お問合せ先】
 トクヤマデンタル俱楽部事務局
  TEL:0120-54-1182 
   受付時間/9:00~12:00・13:00~17:00
     (土日祭日を除く)
ページトップ
注意事項
このサイトで提供している製品、サービス等の情報は
歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士等の歯科医療従事者の方に提供することを目的としており、
一般の方への情報提供を目的としたものではありません。

あなたは歯科医療従事者ですか?

はい
いいえ